ホーム > コラム > 悪い姿勢の種類と特徴

悪い姿勢の種類と特徴

自分の姿勢の悪さが気になる方はいらっしゃいますか。正しい姿勢を意識して過ごしていても、気がついた時には悪い姿勢になっているということも少なくありません。悪い姿勢にはいくつか種類があり、それぞれ特徴も異なります。姿勢を改善するためには、まず自分がどういった姿勢なのか知ることから始まります。こちらでは、悪い姿勢の種類と特徴を紹介します。

猫背

頭が前に突き出していて、背中が丸まっている方は猫背タイプで悪い姿勢の代表格とも言えます。
壁にかかとをつけて立った際に、壁に背中は当たってはいるが、頭が壁に当たらない場合は猫背です。猫背だと首や肩、腰だけではなく、上半身を支えようと膝が少し曲がった状態になるため膝にも負担がかかってしまいます。さらに見た目も悪く、老けた印象を与えてしまうこともあるのです。

反り腰

正しい姿勢を意識するあまり、腰が反り過ぎてしまっている方は少なくありません。しかし、そのような姿勢は腰に負担が集中してしまい、反り腰になってしまう可能性があります。壁にかかとをつけて真っ直ぐ立った時、腰の後ろに手を入れても隙間に余裕があるようでしたら反り腰です。普段からハイヒールを履く、足裏の重心が前にある、妊婦といった方は反り腰になりやすく、女性に多いとされています。

平背

フラットバックとも呼ばれる平背は、一見姿勢が良く見えてしまいます。しかし、背骨が真っ直ぐになっているため、猫背よりも身体に負担をかける姿勢とされています。壁にかかとをつけて立った時に、腰の後ろに隙間がなく手が入らない場合は平背です。骨盤が後傾していると平背になりやすく、これから後傾する場合は平背の予備軍の恐れがあるので注意が必要です。

悪い姿勢は健康面だけではなく、ダイエットが成功しないなど美容面にも影響してきます。正しい姿勢とは、背骨がきれいなS字になっている状態のことを言います。耳や肩の中心、骨盤の中央、くるぶしが一直線になるよう意識することで、正しい姿勢を維持することができます。そして、根本的な改善を図るなら、姿勢矯正など美容整体の施術を受けることをおすすめします。

美容整体のことなら、ぜひ横須賀中央駅近くにある当院にお任せください。当院では、姿勢矯正や産後骨盤矯正小顔矯正といった美容整体施術を行っています。受け身の整体だけではなく、お客様自身にも動いていただいて身体を調整していきます。施術後のセルフケア指導も行っていますので、姿勢改善をお考えの方はお気軽にご相談ください。