ホーム > コラム > 骨盤の歪みの影響

骨盤の歪みがもたらす影響

人間の身体を支える土台となっているのは、骨盤と言っても過言ではありません。産後や普段の生活で骨盤の広がり・歪みに繋がる可能性があり、それが身体の不調を訴えるきっかけにもなります。
こちらでは、骨盤の歪みがもたらす影響や歪みの原因などをご紹介していきます。

骨盤が歪む原因

美容整体として骨盤矯正を受ける方が増える中、どうして骨盤が歪んでしまうのかご存知でしょうか。

骨盤の歪みは、普段の行動が主な原因と考えられています。いつも同じ足の組み方をしている、バッグをかける肩がいつも同じ、うつ伏せで寝ることが多い、膝をくっつけて座るアヒル座りなどが、骨盤の歪みを引き起こしてしまうと言われています。

稀に、骨が成長途中にある子ども時代に腰を強打してしまうのも、骨盤が歪んでしまう原因のひとつです。また、産後の女性は出産時の骨盤の広がりが原因で、歪みに発展する場合もあります。

骨盤が歪んだままの影響とは

ダイエット姿勢矯正を始めるためには、骨盤の歪みから改善していく必要があります。

特に産後のスタイルの変化は、骨盤の広がり・歪みが影響していると考えられています。
骨盤の歪みをかばうことによって、全身への歪みに繋がります。結果、骨を支えるはずの筋肉バランスも悪くなり、疲労を感じやすくなる他にも血液やリンパ液の循環が悪くなる可能性もあるのです。

循環が悪くなることは、脂肪を燃焼する力も衰えることに繋がり、お腹・おしり・太もも周りに脂肪がつきやすくなってしまいます。

骨盤の歪みに対するアプローチ方法

骨盤に対するアプローチは、睡眠時の姿勢や立ち方・座り方を見直すことが大切ですから、就寝前にストレッチや骨盤矯正に役立つエクササイズなどを取り入れるのもいいでしょう。

また、出産時に開いた骨盤は、産後3~4ヶ月日間で自然に閉じていきますので、この期間は正しい姿勢を意識しておく必要があります。ただし、産後約1ヶ月は身体が出産前に回復していく大切な時期なので、無理をせず安静第一で過ごしましょう。産後2ヶ月程度の期間を空けてから、骨盤矯正を行う美容整体の利用やトレーニング開始をおすすめします。

横浜・横須賀エリアで骨盤矯正・小顔矯正などの美容整体のご相談は、当院にお任せください。当院は刺激をおさえて、痛くない施術を心がけております。横浜市周辺にお住まいの方で、痛い施術が苦手という方はぜひ当院をご利用ください。