施術日誌

2016年9月 2日 金曜日

「頭痛・肩こり・首こりの原因筋とは?」横須賀整体スタジオの症例と雑記137

横須賀整体スタジオの岡田です。

頭痛・肩こり・首コリは、デスクワークの方に多い症状ですが、これにはある筋肉が関係しています。
それは、「後頭下筋群」です。



後頭下筋群は、眼球の動きに反応して頭の向きを変える作用をする筋肉です。

デスクワークでパソコン作業を長時間つづけることは、眼精疲労が起こる原因となりますが、同時に後頭下筋群の疲労も起こっています。

さらに、猫背姿勢では、この後頭下筋群は短縮した状態になりますので、疲労を回復するための血液循環も妨げられた状態になり、持続的に過剰な緊張状態になり、頭痛の原因となります。

後頭下筋群の緊張は、肩の僧帽筋など肩甲骨周りの筋肉に広がり、慢性的な肩こり症へとつながることになります。

後頭下筋群は顎を引く動作でストレッチすることができますので、やはりデスクワーク中、時々顎を引いて、姿勢を正すとストレッチがかかり、筋肉内の血行をよくする働きがありますので、おススメです。

あまりに酷い頭痛や肩こりの場合は、仰向けに寝て、自然に顎が引けるように、枕の位置などを工夫して安静にすることが必要です。

ゆったりすることで、副交感神経が優位になり筋肉の緊張が落ちますので、そのときに少しづつ後頭下筋群のストレッチをさらに加えていくと良いです。

その他に頭を包んでいる筋膜の緊張も起こっていることが考えられますので、頭全体の大まかなマッサージも功を奏する場合があります。

そのときに、つい強くグリグリとやってしまいますが、筋膜リリースを目的にしている場合は、縦に押さえて横にずらすという方法で行うことが大切です。

頭皮をいろいろな方向にずらすイメージでもよいですから、グリグリ強くやり過ぎないように注意してください。


後頭下筋群を直接、押圧する方法もあります。

仰向けで寝た状態で後頭部の際のところに手の指を合わせて、イタ気持ち良さを味わいながら、角度を変えてみたりいろいろ当たりを探ってみると良いでしょう。

ここでも、強くグリグリすれば、緩むとは限りませんのでご注意を。


コリが強くて奥のほうにあるので、強く押さないと効かないという方もいらっしゃいますが、表層が緩めば、深層の内圧が下がり結構が改善されますので、ごく軽い刺激で行った方が逆に効率よく肩こりや首コリの症状をとることができます。

その場の気持ち良さだけでいいのか、それとも根本的に改善したいのか?それは個人の考え方ですが・・・。




 ◆ 横須賀整体スタジオ
 
 お問い合わせ・ご質問はお気軽にどうぞ!!

 スマホでご覧の方はこちらからお電話できます。 
    046-807-4059 


      担当の岡田がでます。ホームページを見たとお伝えください。

 
 〒238-0017
 神奈川県横須賀市上町
 4丁目100番石渡ビル1F
_______________
 
■ 整体スタジオメインサイト 
    ⇒http://arigata.net

横須賀整体メインサイト




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら