施術日誌

2015年3月25日 水曜日

「深く屈伸できない膝痛・他」横須賀市にある整体・治療院‐症例と雑記1~4

横須賀・横浜エリアの整体・治療院‐症例と雑記1
「深く屈伸できない膝痛」
 

横須賀・横浜エリアにある整体・治療院です。


深くしゃがんでいくとある時点で、膝に強い痛みが起こるが
正座するまで曲げてしまうと、平気な症例がありました。
この例の場合痛みは膝の前側広範囲にありました。
正座をすると痛みが膝裏にでるケースもありますが、
それとは別の原因があるように感じました。

膝の前面に出ているので単純に大腿部前面の緊張が
原因であることは推測できます。

しかし、その状態になってしまった原因にも対処していかなくてはなりません。

恐らく、同側、反対側ともに股関節や足関節の柔軟性の低下により
もも前の筋肉に過剰な負担がかかっていると思われました。

まず、緊張が強い大腿部前面をリリースしてみることにしました。

やり方は手のひらを使い、大腿部のハリがあるところに
コンタクトしてリリースを待ちます。

マッサージ好きの方には物足りない手技ですが、
当院はマッサージ屋ではないので・・・・。

しばし、待っているとジワーと緩んでくるのが感じられましたので
次に進みます。

次は膝の捻れの調整です。

膝は曲るときに少し内旋しながら曲ります。
膝関節周囲のどこかが硬く緊張していると
そちらに引っ張られて、正常な関節運動ができなくなり
膝の曲げ伸ばしに違和感を感じることになります。

やり方は大腿骨と脛骨にコンタクトして、リリース待つ方法です。
これも「何をやっているんだろう?」「気でも送っているのかしら?」と
不思議がられる手技ですが、手でもって骨の動きを感じていると
骨が自分で正常な位置に戻るのです。

ここまで行ってしゃがみ動作を確認していただきました。

「あっ軽くなってます。痛みは少しあるけど最初と全然違います!」

これで大腿部前面の緊張からの痛みは軽減できたことになります。
その後、まだアプローチしていない股関節と足関節を
みていくことになります。

案の定、足首は硬く、ふくらはぎがいつも張っているとのこと。
足首の動きの制限はふくらはぎの筋肉の緊張と
すねの骨の関節運動の減少が考えられます。

すねは脛骨と腓骨の二本の骨で構成されています。
足首の曲げ伸ばしのときこの二本の骨が微妙に動くのですが
どこかの筋肉の緊張で引っ張られて、
正常に動けなくなっていることがあります。

足首の動きにもも裏の筋肉が関係しているというと
一般の方は驚かれますが、カラダはつながっていますので
どこが引っ張っていてもおかしくはないですね。

前半に行った手技などをふくらはぎにも応用して
動きを改善していき、同時に股関節もほぐしていきました。

再度確認していただきましたら、
さっきよりさらに楽になったとのこと、
後はセルフケアとしていけば大丈夫だと思いましたので、
お尻ほぐしとふくらはぎのストレッチを
お伝えして終了しました。
______________________

横須賀・横浜エリアの整体・治療院‐症例と雑記2
「ゴルフのスイングででる腰痛」 



横須賀・横浜エリアの整体・治療院の岡田です。

ゴルフのスイングで腰に違和感がでる症状の方が
いらっしゃいました。
実際にスイング動作をしてもらい、
各関節の可動性を
検査しました。

ざっくり見て
この方は股関節の動きが減少していると
評価しました。

スイング動作の要は股関節と
肩甲帯の可動域です。

「腰の可動性は?」といわれそうですが
腰椎は骨の構造上、回旋の運動は
ほとんどできないようになっています。

腰椎は5個ありますが、それぞれの
椎間関節の回旋可動域は1度です。
5つで合計5度となります。

つまり腰をひねるということは
実際にはほとんど無理ということになります。

体幹を捻る動作を腰で行おうとしてしまうと
本来、動かないところですから負担が
かかってしまうのです。

股関節周囲の整体を行い、
腰椎の骨の構造について説明して動作の意識を
改善して頂いたところ、痛みは大幅に軽減しました。

「腰でひねるのだとばかり思っていた・・・
なるほどこんな構造になってるですね」
と腰痛の原因に納得されたようです。

当スタジオのコンディショニングは
通常の受動的な整体だけでなく実際に動いて頂いて、
動作を改善するところまで行います。

ここまで行うことで、症状を自分で
改善できるようになってきます。
それが当スタジオの
パーソナルコンディショニングのゴールなのです。
_______________________


横須賀・横浜エリアの整体・治療院‐症例と雑記3
「拳の関節部分の痛み」 



横須賀・横浜エリアの整体・治療院です。

拳の関節部分に痛みがある症例をみました。
ひざ痛ケアスタジオですが、全身の症状に対応しているんですよ!
手をポキポキならす動作がありますよね。
あれをすると関節のところが痛むとのことでした。

腫れもないし、中手骨と基節骨(MP関節といいます)
だけが痛むとのこと。

この方は普段力仕事をしているので、
その辺りがもとになっている
と考えられました。

私のやる施術は、全身の経絡を刺激する方法や
筋膜リリースなどを織り交ぜてやるのですが、
今回は痛みのある関節周囲の筋膜リリースを
施術していました。

まず、手の甲から始めました。

やり方は指を受け手の手の甲に軽く置きます。
そして、じっと感じていると
エネルギーの流れというか方向性が何となく
感じ取れます。

その方向に少しヅラします。
こんなことを手の甲から前腕、
すべての手の指で行います。

するとアラ不思議?!

痛みがなくなってしまいました。

すべての症状こんなに簡単にいくわけではありませんが、
今回はこの方法で改善できました。
_______________________

横須賀市にある整体・治療院‐症例と雑記4
「膝を胸に抱えたときの股関節のつまり感」 




お尻のストレッチするために膝を胸に抱えたときに
股関節の付け根が詰まったように
痛み思うようにストレッチができない
という方がよくいらっしゃいます。

この症状はお尻側の筋肉が硬いことや
ももの前面の筋肉の緊張が関係しています。

股関節の周りを筋肉と靭帯がグルッと巻きつくように
覆っているので、これらの筋肉のバランスによって
動きを制限されているわけです。


イラスト上は主な靭帯、下は後方から見た股関節の深層筋群です。


軽い症状であれば、結構簡単にとれます。

私の方法としては、横向きで寝てもらって
上になった脚の股関節を90度に曲げて、
大転子という脚の骨の出っ張りの際を
丹念にほぐします。

これで、股関節がグルングルン楽に廻るようになりますよ!

股関節の動きは腰痛、膝痛に関係が深いので
普段からメンテナンスをしたいところです。







応援ポチっとお願いします↓

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村


横須賀ひざ痛ケアスタジオのメインホームページ


facebookページにいいね頂けませんか?
ひざ痛ケアスタジオのFBページ


いろんな症例随時更新しています!
横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐症例集と雑記の目次



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら