筋肉図鑑・施術テクニック

2015年1月19日 月曜日

「腓腹筋と膝の痛みの関係」横須賀市にある膝痛専門治療院‐筋肉図鑑39

横須賀・横浜エリアにある慢性痛にも対応
膝の痛み専門整体スタジオです。

過去の記事シリーズです。
手抜きともいいます。

膝の痛みがあるとき、ふくらはぎの筋肉を
触るとすごく硬く張っていることがあります。

この張りを緩めると膝の痛みが軽減することがあります。

それでは、ふくらはぎの筋肉について勉強しましょう!!
 

腓腹筋   


起  始 大腿骨内側上顆(内側頭)外側上顆(外側頭)
停  止 腫骨隆起
神  経 脛骨神経L(4)5~S2
作  用 足関節の底屈、膝関節の屈曲
筋連結  足底屈、膝屈曲筋連結   大腿二頭筋、大内転筋、
      長指屈筋、ひらめ筋、足底筋

心包経  内臓反射:副腎  
募穴:ダン中  兪穴:T4-5  栄養:ビタミンC
反射点 臍から5㎝上正中から2.5㎝外方
関連筋 縫工筋、薄筋、腓腹筋、ひらめ筋、後脛骨筋



腓腹筋は下腿の二関節筋のひとつです。
二関節筋は単関節筋の供給する関節安定作用と共同して働くとき
正しい大きな力強い関節運動を担う筋肉です。

二関節筋は関節近くにある単関節筋に比べ、
関節中心より離れていてテコのレバーが大きいので
骨を大きくずらす作用があります。

関節中心軸を単関節が安定させることで、はじめて二関節筋の
作用が活きてきます。

なんらかの原因で単関節筋が機能低下している場合、
この二関節筋が過剰に緊張してしまうことがあります。

腓腹筋が過剰に緊張すると、大腿骨は後方に引かれることになります。
相対的に脛骨は前方に引き出されます。

膝関節の内側の関節の隙間に痛みを訴えるケースで
腓腹筋の内側頭のトーンが上がっていることが良くあります。

腓腹筋内側頭が緊張しているので、
脛骨が外旋しながら前方に引き出されていると考えられます。

この状態により環状靭帯など周辺組織に負荷がかかり疼痛を
引き起こしているようです。

それでは、また!!


応援ポチっとお願いします↓

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 健康ブログ セルフケアへ
にほんブログ村


にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村


横須賀ひざ痛ケアスタジオのメインホームページ


facebookページにいいね頂けませんか?
ひざ痛ケアスタジオのFBページ


いろんな症例随時更新しています!
横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐症例集と雑記の目次




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら