筋肉図鑑・施術テクニック

2014年12月27日 土曜日

「腰痛や膝痛に関係する大内転筋 」横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐筋肉図鑑1

 

大内転筋  


起始   坐骨の坐骨下肢の前面から恥骨結節
停止   大腿骨粗線内側唇の小転子と内転筋結節の間
作用   股関節の内転
神経支配 閉鎖神経L3~L4作用 股関節の内転
筋連結  外側広筋、内側広筋、長内転筋、薄筋  
       短内転筋、小内転筋、中間広筋、大腿方形筋  
       大腿二頭筋短頭、半腱様筋、半膜様筋、腓腹筋

・整体のポイント

なんとなく、腰の辺りが落ち着かないような痛くないんだけど
変な症状のときは、内転筋が張っている場合が多いです。

この場合、パートナーに手根や膝で押さえてもらい
緩めていくと、結構楽になります。

変形性膝関節症の方のリハビリでは
この筋肉の活動を促すことを行います。

大内転筋の位置は、うちももの斜め45度ぐらい
後ろ側になります。

収縮を確認するには、股関節を45度、外に開いた状態で
両足を閉じるようにするとこの筋肉を使えます。

しかし、代償的に他の筋肉が作用する体の使い方が
染み付いている場合は、すこし練習が必要です。

うまくできると、身体の中心がしっかりする感じが
して、痛みが軽減することもあります。
 

応援ポチっとお願いします↓

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ ひざ痛・足首痛へ
にほんブログ村

横須賀ひざ痛ケアスタジオのメインホームページ


facebookページにいいね頂けませんか?
ひざ痛ケアスタジオのFBページ


いろんな症例随時更新しています!
横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐症例集と雑記の目次

ブログ内の記事がまとめてあります。
横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐総合目次

横須賀・横浜エリアの
整体セミナー・整体教室関連のホームページ






このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら