施術日誌

2014年2月 4日 火曜日

「腱鞘炎と指の使い方」横須賀・横浜エリアにある整体スタジオ‐症例と雑記81

横須賀・横浜エリアにある骨盤矯正整体スタジオです。

腱鞘炎は手の使いすぎが原因なので、
手を使わないようにすると治ります。

というのは、当たり前なのですが、実際に
手を使わないことは日常で非常に不便ですし
現実的ではありません。

マッサージ師や美容師、キーパンチャーなど
手を酷使する仕事をしている場合は、
仕事をしないわけにもいかないので、大変ですね。

手を使わないようにすることは、難しくても
手の使い方を工夫してみることは、一部の筋腱に
負担をかけることで起こる腱鞘炎の改善には
有効であると思われます。

ところで下の写真のように手の形を作れますか?

これは虫様筋という小さな手の筋肉の
収縮で得られる形です。
結構難しいですね。

では下の手の形はどうでしょう?

こちらは結構簡単にできると思います。
ちなみにこちらは深指屈筋を中心とした
前腕部に始まる筋肉の作用です。

腱鞘炎は手根管という手首の曲がるところ辺りが
痛むことが多いので、前腕部より始まる
筋肉の使いすぎを抑えることが症状の軽減に
有効だと思われます。

前者の手の形はPNFというリハビリの方法で
相手にコンタクトするとき用いられる
「虫様筋にぎり(ランブリカルグリップ)」というもので、
コンタクトする皮膚からの神経刺激を運動療法で
適切に用いるための手の使い方です。

後者は、とても簡単にできることから
日常では、このような手の使い方が主に
行われていると考えられます。

手の使い方を少し変えてみると
結構余分な力みがあることに気づきます。

ペットボトルなどを虫様筋にぎりでもって
みるのも手の新たな使い方の良い練習になります。

指ではなく手のひらで包むようにもつと
指がやわらかく使える感じがとってもソフトですが
力強くも感じられます。

このとき小指を意識してもつとさらに
ソフト且つしっかりもつことができます。

普段なにげなく使っている働き者の「手」に
時々注目してみると腱鞘炎の予防と軽減に
つながります。


横須賀市で痛くない整体をお探しでしたら
骨盤矯正でカラダが軽ーく楽になります。
パーソナルコンディショニング


いろんな症例随時更新しています!
横須賀市にある膝痛専門治療院‐症例集と雑記の目次

ブログ内の記事がまとめてあります。
横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら