筋肉図鑑・施術テクニック

2013年9月17日 火曜日

「 腰痛改善に筋トレは必要ない」横須賀・横浜エリアにある変形性膝関節症専門治療院‐整体理論43

横須賀市にある変形性膝関節症専門整体スタジオです。

腰痛、膝痛、肩こりを持病として
お持ちの方も多いかと思いますが、
痛みの原因に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症で
神経根への直接的な圧迫刺激が痛い場合と
筋肉が異常に緊張していてそれにより
血行障害が起こり痛みを感じている場合があります。

最近では神経が挟まって痛いという
今までの説を否定しているお医者様もいらっしゃいます。

原因はともかくとしても痛みが
楽になってくれるとありがたいですね。

緊張している筋肉はマッサージなどで
ほぐせばよいと考えがちですが、
ほぐしても身体の使い方を
改善しないとすぐにもとに戻ります。

ストレッチやマッサージなどで
筋肉が緩むように刺激をいれると
すぐに反応して痛みなどが楽になります。

それは神経生理学的な反応で一時的なものですので、
根本的に改善するためには
身体の使い方を見直す必要があります。

前屈を例にとって見ましょう。

イラストは二種類の前屈時の
身体の動かし方のパターンをしめしています。
image1image2

 
オレンジの●は質量がそこにあることを示していて、
上半身と下半身にそれぞれあります。

このニ点の真ん中に重心があります。

直立時は、ニ点が鉛直線上に並んで
足の真上にある状態です。

前屈をすると上半身の質量が
身体の前に突出することになります。

それをどのようにしてバランスをとるかで
身体の負担が変わります。

右のイラストでは上半身が前に突出する分、
骨盤を後ろに引いて、重心が常に
足の上にあるように調整しています。

それに対し左のイラストは
骨盤を後ろに引くことをせず、
重心は足を外れてつま先より先に行き、
身体は前に倒れそうになっているのを
身体の背面の筋肉で必死で
堪えている形になっています。

楽なのはもちろん右のイラストの動作です。

腰痛、肩こり、膝痛のほとんどは
日常動作のちょっとした間違いから起こっています。

よく腹筋、背筋がないから
腰痛になると言われていますが、
筋トレを日課にしている
マッチョな人でも腰痛の人は
たくさんいらっしゃいますので
筋肉がないから痛くなるというのはウソですね。

自分の日常動作を
丁寧に観察して改善していけば、
筋トレをしなくとも痛みを
改善することは十分可能です。


パーソナルコンディショニング 
50分程度 6000円

初回は+2000円で
あわせて8000円となります。

「ホームページ割引」 
初回料2000円が1000円になります。




電話 046-807-4059 岡田まで
「ホームページを見た」とお伝えください。


メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

 




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら