施術日誌

2013年8月19日 月曜日

「立ち姿勢で膝が痛くて伸ばせない」横須賀・横浜エリアにある膝痛専門治療院‐症例と雑記59

横須賀市にある整体スタジオです。

膝を伸ばすと痛いクライアントさま、
当然、立ち姿勢ではちょっと膝をまげています。

膝が曲がっていると腰も曲がってきて、
見た目にも具合悪そうです。

でも、姿勢を良くしようと
肩甲骨を後に引いて何とか身体を
起こし、がんばっているそうです。

肩甲骨を後に引いて、腕全体が
後方に位置した状態で、
歩いているお年寄りを
よく見かけると思います。

体幹部の身体を起こす機能が低下しているので、
姿勢保持のために腕の自由を犠牲にして
広背筋などのテンションを使い、上体を起こすように
代償運動していると考えられます。

こんな代償運動をあんまり頑張っていると
腰痛にもなってしまいます。

今回のクライアント様はそんな
お年ではありません。

膝が伸びるようになったら、腰も
伸びてくるでしょう。

膝裏周囲の筋肉が緊張しているのは確かなので、
それがほぐれればいいのだけれど、

どんな風にやってみようかなと
しばらく無心でいると、
もも裏を触診してみよう
と思い立ったので
とりあえず、うつ伏せに寝てもらいました。

もも裏の筋肉群をハムストリングスと
呼びます。

ここが緊張していると、膝が伸びにくくなる
だけでなく曲がりにくくもなります。

膝の動きを確認すると、可動域の最後で
痛みが出るとのことです。

それでは、施術してみます。

拇指でハムストリングスをぐっと押さえると
痛がって身をよじります。

このまま押圧を筋肉に沿って行い
筋肉をほぐす方法もありますが、
痛みから逃げる動きで身体が
調整されることもあるので、
そんなイメージで動いちゃってもらいました。

1,2分やってみたら
膝の動きが少し軽くなってきました。

痛みから逃れるために、股関節を
曲げたり、骨盤を捻ったりすると
調整されてくるようです。

局所にアプローチしているようでも
実際には全体に波及するものです。
いろんな検査をしてから施術すると
変化が実感できておもしろいものです。

いつもは膝痛できても肩辺りも
検査するのですが、今回は忘れていまして
やったあと気づきました。

次の施術の前に肩をみてみます。

右膝痛が主訴でしたが、左肩を
押さえると圧痛がありました。
右肩とは、明らかに違います。

こんどは痛くないやつで、と思い
うつ伏せで、あげにくい脚はさげて
反対脚は挙げることをやってみました。

これで、左の肩こりはほぐれて
しまいました。

ここまでで一回立ってもらいました。

だいぶ膝は楽になってきたようですが、
今度は、腰が辛くなってきたそうです。

古いのがでてきたのでしょう。

ちょっと長くなってきたので、
今回はここまで・・・。

つづく


パーソナルコンディショニング 
50分程度 6000円

初回は+2000円で
あわせて8000円となります。


「ホームページ割引」 
初回料2000円が1000円になります。



電話 046-807-4059 岡田まで
「ホームページを見た」とお伝えください。


メールでのお問い合わせ


横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐症例集と雑記の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる











このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら