施術日誌

2013年7月 7日 日曜日

「今日受けたセミナーのまとめ1」横須賀市にある膝痛専門治療院‐症例と雑記44

横須賀市にある整体スタジオです。

本日は『リアライン・コンセプトに基づく変形性膝関節症のリハビリテーション』
<実技編>~徒手療法、運動療法、補装具療法の「OA膝」への適用~

というセミナーを御茶ノ水で受講してきました。

広島国際大学の蒲田先生のセミナーです。

膝OAとは「変形性膝関節症」のことです。

今回はまず、全体の感想をまとめます。

大腿骨に対して、脛骨が外方にずれ
且つ、外旋しているアライメントが
膝OAに多く見られます。

この状態であると膝伸展に
ともなうスクリューホームムーブメントが
好ましい感じで生じず、過剰な下腿の
外旋が膝内側の痛みの原因と
なることがあります。

これを改善するために、局所へのアプローチでは
ありますが、軟部組織リリースを行います。

膝OAにおいては、脛骨が常に外旋している
ケースが多く、それにより、膝関節内で
骨同士の不適合が助長され、痛みや
力が抜ける感じ、クリック音などが起こります。

脛骨の内旋への可動性を徒手療法にて
促すことで、この状態を改善することができます。

評価法などについては、すこしづつ
アップしていきます。

手技をうけた感想としては、

「痛い」

です。

膝関節周囲の結合組織の癒着を
引き剥がすことで、膝関節の運動制限や
循環の改善促すものですが、
ちょっと痛みがキツイ感じでした。

あまりに痛いので、身体を捩じらせます。

結合組織に対する物理的な働きかけを
行っているのですが、
痛みによる逃避動作で操体法的な
治癒も同時に図られるのかな?とも
脳裏をかすめました。

同時にあるのかもしれません。

癒着などが起こっている組織は、
徒手で、物質的アプローチをしなければ
改善しないのか否か?

物質には、物理的アプローチをしなくては
変化しないというのは、固定観念なのかな?
と思い始めている今日この頃です。

もうちょっと痛くないのがいいですね。

痛みを確認して、操体法で変化したら
その部位の癒着は変化したということでしょうか?

頭を切り替えないといけません。


メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら