筋肉図鑑・施術テクニック

2013年6月19日 水曜日

「 腓骨の操体で脚が細くなる」横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論32

横須賀市にある整体スタジオ
岡田です。

先日、仙台で、今先生の
操体法講習会を受けてきました。

いろいろ習った中から、
最近よく試してみているのが、
ヒ骨の操体というものです。

下腿は、脛骨とひ骨の二つの骨で
構成されていますが、この二つの
骨が広がっていることが、
いろいろな部分に影響を
与えているとのこと・・・。

操体法のつま先上げは、もともと
身体の土台である下腿の骨を
締める操法だったというお話でした。

骨を操作するのですが、同時に
皮膚や筋膜の操法にもなっている
という画期的なもので、
快感覚にしたがって動かす方向と
強さを術者と受け手で相談して
行う共同作業です。

身体の土台を整えることで、
上体のバランスにも変化がでてきます。

バンザイ検査での腕の挙がり方の左右差が
ヒ骨の操体で均等になったり、
もう一つの効果として、
脚が細くなることもあります。

大体1センチぐらいは
かわるようです。

その他にも、
膝関節、股関節、仙腸関節など・・・。
いろんなところで応用できます。

オステオパシーにも、似たような方法が
ありますが、快感覚にしたがってという
ところが、操体的であると思います。

力で無理に矯正するのではなく
自己の治癒力で調整されるので
身体にやさしく且つ
効果的な手技です。



メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら