筋肉図鑑・施術テクニック

2013年6月18日 火曜日

「 肩の高さと体幹の関係」横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論31

横須賀市にある整体スタジオ
岡田です。

肩の高さの違いは、

・肩甲骨の高さの差
・胸郭のふくらみの差
・脊柱が側ワンしている

これらの要素が複合して
起こっています。

一般的な傾向としては
右肩が下がっている人が
多いようです。

きき手の関係があるのでしょう。
肩甲骨が前傾していて、
小胸筋などが短縮している状態の
場合が多いです。

肩甲骨が前傾して固まっていると、
上背部では、下部僧帽筋が機能低下を
起こすことが考えられます。

下部僧帽筋の張力は胸腰筋膜のテンションに
影響を与える可能性もあるので、
体幹部のアンバランスも起こっているかもしれません。








メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる









このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら