筋肉図鑑・施術テクニック

2013年6月 4日 火曜日

「 膝のためのストレッチの定番」横須賀市にある膝痛専門治療院‐セルフケア体操14

横須賀市にある整体スタジオの
岡田です。

膝周囲の違和感、曲げにくさ、
階段の昇り降りでの違和感など
動作痛の元はいろいろな原因が
考えられますが、
まず、試してみたいものがストレッチです。

膝を曲げて、ももの前の筋肉を
伸ばすストレッチで結構多くの
症状は改善できます。

この単純なストレッチも
股関節の伸ばしや開き具合、捻りなどを
考慮すると、効き方が変わってきます。

単純に見えるものほど奥が深いものです。

下の写真はもも前のストレッチを行っている
ところですが、股関節の開き具合の違いに
注目してください。



上の写真に比べ下の写真では
両膝の間が大きく開いています。



やってみるとわかりますが、大腿前面の伸び感が
全然違います。

どちらが正しいということはありませんが、
普段意識せずに一つの方法でのみ行っているようでしたら
筋肉の硬さに偏りがでてきますので
注意が必要です。

多くの場合は両膝が離れた形でストレッチしてしまっています。

このような場合、
両膝を閉じた形でストレッチすると、
今まで以上に伸び感をかんじると思います。

膝の曲りにくさは、
筋肉自体の硬さが原因の一つですが、
実は、食べ過ぎなども関連しています。

胃の経絡は大腿前面の外側をとおり
腹部を経由して目の下に至るとされています。

食べすぎにより、経絡の流れに異常が
おこると、もも前が張り膝が曲りにくくなります。

ちなみに、右脚が太い人は、食いしん坊だとか・・・。




電話 046-807-4059 岡田まで
「ホームページを見た」とお伝えください。


メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院セルフケア体操の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら