筋肉図鑑・施術テクニック

2013年5月28日 火曜日

「 骨盤の歪み2」横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論26

横須賀市にある整体スタジオ
岡田です。

前回の上下の歪みに
続いて、前傾・後傾に
ついて書いていきます。

前傾とは、骨盤を横から見たとき
腸骨が前方に坐骨が後方に
変位して、前に転がるような形に
なっていることを指します。

後傾はその逆です。

このような変位に、関連して
いる筋肉には、

・大腰筋
・腸骨筋
・ハムストリングス
・大腿直筋
・大腿筋膜張筋
・縫工筋
・梨状筋
etc

が挙げられます。

変位の原因としては、
姿勢や動作の影響と
内臓反射(副腎と縫工筋の関係など)が
絡みますが、
今回は体軸の中心を担う
「大腰筋・腸骨筋」にスポットを
あててみましょう。



この二つの筋肉は腰椎の前側や腸骨の内側から
始まり、大腿骨に付きます。

その走行方向から、骨盤を前傾変位する
ように見えます。

しかし、実際は後傾しそうなのを
前から支えていることもあるようです。

大腰筋は、腰椎の生理的な前彎を
適切に保つ働きをもつと
考えられています。

それに対し腸骨筋は、座り姿勢の
多い人で短縮しやすく
腸骨の前傾傾向を
促進することがあります。

調整はセルフでは、前後開脚ストレッチで
行えます。

当院では、ダイレクトに腹部から
コンタクトして、筋膜リリースで調整します。

大腰筋に達するとズーンとした響きが
感じられます。

身体の中心にあるので、この筋肉の
存在感というか位置感覚が
触察により、クリアにあると
正中感覚もよくなるようで、
身体の軸の意識がより明瞭に
なります。

正中軸の感覚は、変形性膝関節症など
身体が外側に広がっているような
状態の方にとても大事なものです。

深い中心の筋膜の連鎖は
アナトミートレインズのトム・マイヤーズに
よると、足底から頭部にまで続いて
いるそうです。

骨盤の調整により、姿勢全体が
変化することは、このような筋膜連鎖に
関連するのかもしれません。


電話 046-807-4059 岡田まで
「ホームページを見た」とお伝えください。


メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら