筋肉図鑑・施術テクニック

2013年5月15日 水曜日

「 パソコンしながらできる膝痛、腰痛、首痛、肩こり体操」横須賀市にある膝痛専門治療院‐セルフケア体操13

横須賀市にある整体スタジオ
岡田です。

膝痛、腰痛、肩こりが
起こりやすい体には

・胸郭、肩甲帯が硬い
・股関節が硬い
・足首が硬い

などの特徴が
あります。

もちろん例外もありますが、
だいたいこのような傾向に
あります。

足首の硬さはしゃがむ動作の
時に膝が内側に入り、
直接、膝関節に
ねじれストレスをかける要因と
なります。

股関節の硬さは、腰部や腹部の
不安定性に関連していて、
体幹部の筋肉の弱さを
股関節周囲の筋肉の緊張で
補っていることもあるようです。

胸郭・肩甲帯の柔軟性は、
歩行動作に直接、影響しています。

歩行動作は、交互に片脚立ちを
することを、前方に倒れこみ
ながら行い、進んでいきます。

このとき、わずかに左右に重心を
キャッチボールのように、
入れ替えています。

理想的には、骨盤を立脚側に
わずかにシフトさせて、
上体のぶれは最小にして
動作することですが、

胸郭や股関節の硬さが
ある場合、上体を左右に
傾けながら歩くことに
なります。

この歩き方は、膝の内反変形が
進んだ方に多くみられる動きです。

内反とはいわゆるO脚のことです。

内反変形が先か、歩き方のクセが
先かは、わかりませんが
このような歩行パターンでは
脚の外側に負荷が集中して
膝の内側痛などの要因に
なったりします。

身体の各関節は、衝撃を
吸収する機能があります。

ジャンプ動作から着地したときに
軽く膝、足首、股関節が曲がり
衝撃吸収することは
イメージしやすいと思います。

これに加えて。胸郭部の柔軟性も
緩衝性に関係していると
考えられます。

衝撃吸収に動因される関節の
数が多いほうが負荷は
分散されます。

硬い足首、硬い股関節、硬い胸郭に
挟まれた、腰や膝、首に
集中することになります。

足首、股関節、胸郭を柔軟にする
ことが膝痛、腰痛、首痛、肩こりの緩和に
つながります。

足首、股関節のストレッチは、
以前に紹介しましたので、
今回は胸郭の柔軟性を
高める体操を紹介します。


施術ベッドなどに腰掛けて
両手を左右に床と水平に
挙げて、そのまま横に
手を伸ばすようにしながら
それぞれの坐骨に
体重移動していきます。

上体が傾かないように
やることがポイントです。


バランスボールに座って
行うこともできます。

この場合、上体の軸を保ちながら
骨盤部を左右に
シフトするようにします。

ボールでは不安定で
難しい場合は、
キャスター付のイスに座り
上体を固定したまま、
骨盤部を動かすことでも
よいです。

この方法はパソコンに
向かいながらでもできるので
デスクワークの方に
おすすめです。

私もこの記事を書きながら
行っていました。

お試しください。





電話 046-807-4059 岡田まで
「ホームページを見た」とお伝えください。


メールでのお問い合わせ



横須賀市にある膝痛専門治療院‐
当院についての目次


横須賀市にある膝痛専門治療院セルフケア体操の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

トップページ
にもどる




このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら