施術日誌

2013年3月 1日 金曜日

「 脊柱管狭窄症はなおるのか?」横須賀市にある膝痛専門治療院‐症例と雑記23


腰痛で整形外科にかかると
脊柱管狭窄症と診断される場合が
あります。

画像で、実際に椎間が狭くなって
いことが確認できれば、そのように
診断されるのです。

しかし、脊柱管の狭窄が必ずしも
腰痛の原因とは限らないので
注意が必要です。

画像には筋肉や筋膜の不調和は
写りません。
これが原因かもしれないのです。

ここで一度、心を静めて
脊柱管狭窄症だから
腰痛が起こっているという
暗示をクリアにしましょう。

固定観念は身体がもつ
治癒の可能性を減少させます。

思ったとおりになってしまうのです。

これは催眠療法で使われる
潜在意識活用法と同じことを
行っていることになります。

何度も繰り返し、
「脊柱管狭窄症だから腰痛」と
潜在意識にすりこんで、
症状を長引かせるぐらいなら

なおる可能性にワクワクして
いた方がよいでしょう?

なぜ?なおる可能性があるかと
いえば、整形外科では骨しか
みていないので、
まだ、調べていない部分が
たくさんあるのです。

先述した筋膜系の不調和は
腰痛の原因として
たいへん頻発するものです。

足裏の緊張やふくらはぎの緊張が
腰に伝わっていることも
当たり前にあります。

これは、当スタジオの
セルフケア体操教室では、
参加者全員が体験していることで
各ポイントをほぐすことで、
身体が楽になるのを実感できます。

ですから、症状名がついても
決してそれに囚われずに
足裏ほぐしやふくらはぎほぐしから
始めてください。

脊柱管狭窄症がなおるのでは
なくて、腰痛がよくなってきますよ。


横須賀市にある膝痛専門治療院
セルフケア体操の目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐
症例と雑記の目次


横須賀市にある膝痛専門治療院‐
総合目次


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら