筋肉図鑑・施術テクニック

2013年2月21日 木曜日

「肝臓」横須賀市にある膝痛専門治療院‐東洋医学的視点1


肝臓といえば、イメージは
アルコール。

お酒を呑まない人には関係が
ないような気がしますが、
肝臓では、食物からとった栄養を
身体に合うように分解し、合成することが
行われていますので、
栄養過多などでも肝臓にストレスが
かかります。

現代社会はストレス社会と
いわれています。

ストレスに反応する臓器には
副腎がありますが、実は肝臓も
ストレスに反応しています。

東洋医学的な視点では肝臓の働きは、

・気血を滞りなく全身に行き渡らせる
・血を貯蔵する。
・排泄の働き

用は活き活き、ノビノビした感じを
保つ働きをもっています。

これらの働きがストレスなどで
抑えつけられると
以下の症状が起こります。

実証

・イライラ
・怒りっぽくなる
・わき腹、季肋部のはり
・月経周期の狂い、生理痛
・喉の異物感

虚証

・気滅入る
・憂うつ感
・情緒不安定
・ため息をつく

五行説では、
肝は怒りの感情の他、
目、筋にも関連します。

疲れ目、乾き目、かすみ目や
筋肉の痙攣(ツルことです)震え、
関節の曲げ伸ばしがしにくいなどの
症状も肝に関連するとされています。

普段、怒ってばかりいる方は
肝臓に負担がかかっているの
かもしれません。

「何か最近怒りっぽくなったなぁ」
と感じたら、食生活の改善などが
効果的なこともあるでしょう。

怒りの感情の原因は、
外の現象にあるのではなく、
体の内の状態によることも
あるのです。


横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次



このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら