筋肉図鑑・施術テクニック

2013年2月19日 火曜日

「 足部からの運動連鎖1」横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論13

上のイラストは左脚を正面から見た図です。
「回外」とは、足首を小指側に
曲げる動きのことです。

小指荷重に偏った姿勢の習慣により
骨盤など上の構造がどのように歪むか
示しています。

「Qアングルが減少し、内側
コンパートメントの圧迫」とありますが、

内側コンパートメントとは、
膝関節の内側の軟骨部のことです。

小指荷重に偏った立ち方を
継続していると、膝関節の内側に
負担がかかるのです。

小指荷重は
手やキネシオテーピングを用いて
筋膜や皮膚の誘導を
行うことで改善できます。



足裏に内側から外に向かって
テープを貼ると皮膚の
誘導ができます。

これだけ?!で小指荷重が
変化します。

すると、外ももの筋肉のハリなんかも
とれてくるのです。


横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら