筋肉図鑑・施術テクニック

2013年1月28日 月曜日

「 Oリングテスト」横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論9

Oリングテストは、大村恵昭医学博士が
研究開発したテストです。

人間の筋肉は
身体にいいものに対して、
反応して、柔らかく強くなります。

身体に悪いものに対しては、
その逆に硬く弱くなります。

Oリングとは、親指と他の指をつけて
指でO型をつくる形で行われます。

術者はくっつけている指を
引き離すようにして、
筋力をテストします。

通常ならば、指は磁石のように
ピタッとついて、離れません。

身体に悪いものや食物、腰痛など
痛みのある部位に触れながら
テストすると、フッと力が抜けて
指が離れてしまいます。

本来、このテストはいろいろな指で
検査して、力の入り具合も何段階か
で分けて検査するのですが、
当院では、シンプルに親指と小指での
Oリングでのみ検査します。

問題になっていると考えられる部位に
触れて、テストし異常があれば必要な
調整を行います。

その後、再度同じ部位を触れて、テストして
力が抜けなければ、よい状態に調整できた
ことになります。

身体中のどの筋肉でもテストができます。

例えば、ハムストリングス
(もも裏の筋肉でひざを曲げる働きを持つ)を
テストして弱かった場合、原因が
骨盤の変位にあるとしたら、
骨盤の調整後、再度検査すると
力の入り具合が格段に変化します。

筋出力の低下は、全身が均等に
落ちるわけではなく、筋-内臓反射などにより
特定の筋肉だけがより機能低下して
しまうことが起こります。

縫工筋、薄筋は副腎、大腿四頭筋は小腸など
内臓反射があり、内臓に問題がある場合は
その関連筋の機能が低下します。

機能低下した筋肉の拮抗する作用をもつ
筋肉は逆に収縮が強くなりすぎて、
過剰に緊張して、腰痛や膝痛、肩こりの
原因となります。

これがいわゆる「身体の歪み」
というものです。

内臓が原因って結構多いのですよ。

現代人は頭で、健康を思考して
あーだこーだいろいろな健康理論が
飛び交っていますが、身体は
原始のままで正直ですので、
自然の摂理にそぐわなければ、
壊れ始めるのです。

現象をみるとき
観念、こだわり、思い込み、常識、執着
で、凝り固まっていないか?
心に問うことで本当の健康的な
生活が得られると考えられます。

Oリングを行うときは、行う人の思念が
反映されてしまいますので、
テストに際しては、我を捨てて行うことが
正確な結果を得るポイントです。

その精神の鍛錬は瞑想することで
養われるでしょう。

私も毎日、行っています。



横須賀市にある膝痛専門治療院‐整体理論の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次


このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら