施術日誌

2013年1月16日 水曜日

横須賀・横浜エリアにある変形性膝関節症専門治療院‐症例と雑記17「 大雪の日、転倒した方への施術」

横須賀・横浜エリアにある変形性膝関節症専門整体院です。

2013年1月14日(月)普段ほとんど
雪が降らない横須賀も大雪に見舞われました。

慣れない大雪に
関東圏の交通網は麻痺。

歩行者もつるつるの歩道を
恐る恐る歩くことになりました。

そんな雪の日には、すべって
転ぶ人が続出でしょう。

「飛び込み」で転んでお尻を打ったお客様が
いらっしゃいました。
(飛び込み→当日突然来店すること。
飛び込んで転んだわけではございません)

いままで何度もみている方で
動けるのだけれど、これ以上
酷くならないように、みてくださいとのこと。

ツルッとすべって、打ったのは
どうやら仙骨尖のあたりのようです。
(仙骨尖とはお尻の割れ目の辺りの骨のこと)

このへん打つと骨盤は変位するのは
必至、打撲の痛みと関節のずれによる
関節包靭帯の痛みが複合されている
ようで、痛みの部位ははっきりしません。

まず、仙腸関節の変位の調整から始めました。
仙骨上を押すと打撲の痛みがありましたが、
変位の調整は極軽く触れる程度で行うので、
こんなときでも大丈夫。

仙骨を腸骨に対して、うなずく方向に
ふわっと誘導してみました。

打撲は炎症過程を経過させる必要があります。
そのためには自然治癒力がカギ。
結局自分の体は自分で治るのですから・・・。

自然治癒力を引き出すために
深いリラクゼーションが必要ですので
頭や仙骨への手かざしを行っていきました。

深いリラックスには、腹式呼吸が
大切です。

腹式呼吸といったら、横隔膜。
横隔膜の神経はC4で上部頚椎から
出ているのでここの緊張も
とっていく必要があります。

その他、肋骨上背面にある上後鋸筋などの
筋肉の緊張も落としていくと
より呼吸が深くなっていくのです。

転倒による緊張状態から
深くリラクゼーションへシフトすることで
自然治癒が促進されます。

まあ、この日は施術後起きるときもアイタタタと
なっていましたが・・・・。

あくる日の朝、「楽になりました」と
言っていただけたので、少しは
お役に立てたのかと思いました。



横須賀市にある膝痛専門治療院‐症例と雑記の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次









このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら