施術日誌

2013年1月 3日 木曜日

横須賀市にある膝痛専門治療院‐運動療法5「 高血圧に関連した因子」

高血圧に関連した因子

 1.腎性因子
    レニンーアンギオテンシン系は昇圧に、カリクレインーキニン系
    およびプロスタグランジン系は降圧に関与する。

 2.内分泌因子
    副腎皮質より分泌されるアルドステロンは昇圧に関与する。
    副腎髄質から分泌されるカテコラミンは高血圧の発症・維持に重要な役割を果たす。
    下垂体から分泌される抗利尿ホルモンは循環血液量に影響して高血圧発症に関与する。

 3.神経因子
    主たるものは圧受容体、循環中枢、自律神経を介する反射性調圧機構である。
    高血圧では圧受容体反射が高い血圧値にセットされている。

 4.心血管因子
    本態性高血圧では主として末梢血管抵抗の増大がみられ、これは主として細動脈の収縮による。
    血管内皮細胞はいくつかの血管収縮因子、血管拡張因子を産生して血管緊張調節を行なっている。

 5.遺伝因子
    高血圧の家族歴を有する人か高血圧を発症する頻度は、家族歴のない人に比べて4倍高い。
    高血圧に関する遺伝子は単一のものではなく、多因子である。

 6.環境因子
    食塩摂取、飲酒、喫煙、肥満、運動不足、ストレスなどが関与する。

横須賀市にある膝痛専門治療院‐運動療法の目次

横須賀市にある膝痛専門治療院‐総合目次

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリをlivedoorクリップに登録
このエントリをBuzzurlにブックマーク
Deliciousにブックマーク

投稿者 YOKOSUKAひざ痛ケアスタジオ

カレンダー

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
アクセス


大きな地図で見る046-807-4059〒238-0017
神奈川県横須賀市上町4-100
石渡ビル1F

お問い合わせ 詳しくはこちら